そのページをご覧になりたいですか English?

レストランに革命を起こす:CO2排出量を60%削減し、Do Your Orderで環境エクセレンスへの道を開く

Doyo - DoYourOrder レストランに革命を起こす:CO2排出量を60%削減し、Do Your Orderで環境エクセレンスへの道を開く

目次

Arrow Down

環境への配慮が社会的な関心事の最前線にある世界では、企業は二酸化炭素排出量を削減するための革新的な方法を常に模索しています。そのような先駆者の1つが、レストランの運営を合理化するだけでなく、気候変動の緩和に極めて重要な役割を果たす最先端のプラットフォームであるDo Your Orderです。この革新的なソリューションは、レストランのオーナーが既存のスマートフォンやタブレットを活用できるようにすることで、単一目的のハードウェアの過剰生産に対処します。

単一用途ハードウェアの環境への影響

Traditional restaurant POS single pourpose hardware

従来のレストランの運営は、多くの場合、注文プリンターからレシートマシンまで、多数の単一目的のデバイスに依存しています。これらのデバイスの製造と廃棄は、電子廃棄物に大きく貢献し、製造および廃棄プロセス中に温室効果ガスを排出します。Do Your Orderは、この環境上の課題を認識しており、そのようなハードウェアの必要性を最小限に抑えることで、業界の再構築を目指しています。

既存デバイスのパワー

Do Your Orderのアプローチはシンプルでありながら画期的であり、レストランのオーナーやスタッフがすでに持っているスマートフォンやタブレットの力を活用しています。このプラットフォームは、専用の受注ハードウェアを不要にすることで、製造リソースを節約するだけでなく、電子廃棄物も削減します。高度なプロセッサ、十分なメモリ、高品質のディスプレイを搭載した最新のスマートフォンの広範な機能は、レストランの運営を効率的に管理するための理想的なツールとなっています。

インパクトの定量化:CO2排出量の削減

外食産業の環境への影響は、二酸化炭素の排出に大きく寄与するプロセスである電子機器の製造と廃棄と密接に関連しています。報告によると、ウェイターが一般的に使用する単一のレストランターミナルの製造は、約176ポンド(80キログラム)のCO2排出量をもたらす可能性があります。さらに、電子POS(ePOS)タッチスクリーンは、そのサイズにもよりますが、330〜661ポンド(150〜300キログラム)のCO2排出量に寄与する可能性があります。環境への影響で見落とされがちな個々のクライアントの領収書でさえ、それぞれ0.0055〜0.0088ポンド(2.5〜4グラム)のCO2を生成すると推定されています。

一般的なレストランでこれらの機器が広範囲に使用されていることを考えると、累積的な環境への影響は相当なものになります。Do Your Orderの環境に優しいアプローチは、新しいデバイスを製造するのではなく、既存のデバイスを再利用することを中心としており、これらの排出量を軽減するための有望なソリューションを提示しています。このプラットフォームの試算によると、このような変化により、レストランあたりのCO2排出量が年間最大60%削減され、称賛に値する環境貢献につながる可能性があることが示唆されています。

ハードウェアを超えて:ペーパーレスパラダイム

Do Your Orderはハードウェアの無駄を減らすことだけにとどまりません。また、レストランのレシートの取り扱い方法も変革します。キッチンディスプレイシステム(KDS)は、印刷されたレシートの必要性を排除し、紙の消費と無駄を最小限に抑えます。これにより、運用効率が向上するだけでなく、プラットフォームの持続可能性への取り組みにも合致します。

効率を高めるためのリアルタイムコラボレーション

Do Your Orderは、環境上の利点に加えて、レストランスタッフ間のリアルタイムのコラボレーションを促進します。このプラットフォームのKDSにより、厨房スタッフはウェイターや顧客にプッシュ通知を送信し、料理の準備ができたときに通知することができます。これにより、レストラン内のコミュニケーションが強化されるだけでなく、食事体験が合理化され、不要な待ち時間が短縮されます。

レストランの環境に優しい未来

Do Your Orderの持続可能性への取り組みは、レストランの運営を最適化するだけではありません。それは、業界を環境に優しく効率的なモデルに変えることです。このプラットフォームは、既存のデバイスを再利用し、紙の無駄を減らし、リアルタイムのコラボレーションを促進することで、レストランビジネスのより環境に優しい未来に向けて主導権を握っています。

気候変動に立ち向かうには、小さな一歩一歩が重要です。Do Your Orderは、レストラン経営へのアプローチ方法を再考することで、常連客に卓越したサービスを提供しながら、環境に大きな影響を与えることができることを証明しています。これは単なるテクノロジーの革命ではありません。これは責任の革命であり、より持続可能で効率的なレストラン業界への道を開くものです。

よくある質問

さらに詳しく

8分 読む

クレジットカード決済がレストランおよびホスピタリティ業界で自動決済機関(ACH)を凌駕する理由

ペースの速いレストランやホスピタリティ業界の世界では、支払い処理の選択は、運用効率と顧客満足度レベルの両方に大きな影響を与える可能性があります。自動決済機関(ACH)による決済は、1970年代以降、米国の金融界の定番であり、銀行間の電子送金の方法を提供してきましたが、レストラン事業のダイナミクスは、クレジットカード決済に有利なバランスを傾けています。ここでは、大手レストランPOSプラットフォームである「Do Your Order」の傘下にある施設にとって、クレジットカード取引がより良い選択

Jennifer Lee
18 3月 2024
12分 読む

米国における最低賃金の状況をナビゲートする:レストランオーナーのためのガイド

アメリカ経済の活気ある基盤であるホスピタリティ業界は、全米の最低賃金法の変動するダイナミクスに深く影響されています。レストランのオーナーや経営者が、インフレ、運営コストの上昇、熟練した労働力の獲得と維持の継続的な追求という複雑な状況を乗り越える中で、州固有の最低賃金規制のニュアンスに適応し、理解することの重要性は、いくら強調してもし過ぎることはありません。この包括的な調査は、さまざまな州における最低賃金の現状に光を当てることを目的としており、ホスピタリティ

Sarah Reynolds
17 3月 2024
7分 読む

米国のホスピタリティ業界における納税申告書のナビゲート:レストランビジネスのためのガイド

競争が激しくペースの速い米国のホスピタリティ業界では、レストランのオーナーは独自の財務管理と税務コンプライアンスの課題に直面しています。フルタイムの従業員、パートタイムのスタッフ、請負業者が混在することが多い労働力では、W-9、W-2、W-4 などの納税申告書の管理方法を理解することが不可欠です。これらのフォームは単なる事務処理ではありません。これらは、収益性を維持し、従業員の福利厚生を確保し、IRS規制に準拠するのに役立つツールです。ここでは、これらの納税申告書が米国のレストランビジネス

Jennifer Lee
12 3月 2024
5分 読む

ヨーロッパにおけるレストランとホスピタリティの財政化:Do Your Orderによる状況のナビゲート

欧州の財政状況は、特にレストランやホスピタリティ業界の企業がコンプライアンスを確保するために乗り越えなければならない複雑な一連の規制を提示しています。これらの規制は国によって大きく異なり、ハードウェアベースのシステムからソフトウェアアプリケーションまで、さまざまなソリューションを網羅し、税務当局に直接データを提出するためのWebポータルも増えています。これらの違いを理解することは、ヨーロッパ全体で効率的に事業を展開しながらコンプライアンスを維持することを目指す企業にとって非常に重要です。<

Jennifer Lee
29 2月 2024
8分 読む

ドリームチームを作る:フンシャルでのスタートアップリトリートからの洞察 - 第5週

活気に満ちたフンシャルの街で、Do Your Orderチームは私たちの軌道を再定義する変革的なリトリートに乗り出しました。www.sheerme.com の創業者兼CEOであるMiguel Alves Ribeiro氏の鋭い指導に導かれ、私たちは単なるビジネスではなく、レガシーを構築することの意味を集中的に探求しました。この隠遁生活は、平凡とは程遠いものだった。それは成長の坩堝であり、チームビルディング、ユーザーエンゲージメント、戦略的成長へのアプローチを再考することに挑戦しました。企業

Do Your Order
22 2月 2024
6分 読む

スタートアップの成功の波を乗り越える:第4週のインサイト

Do Your Orderチームは、ベルナルド・ヴァスコンセロスの指導の下、1週間以上にわたる啓発的な旅の中で、ポルトガルにおける販売プロセス、戦略的ビジネスモデル、複雑な投資機会の変革的な探求に着手しました。共感を築き、永続的な関係を育む技術を深く掘り下げることから、ビジネスモデルキャンバスとゴールデンサークルを習得することまで、私たちのチームは包括的なツールキットを備えています。このジャーニーは、顧客エンゲージメント戦略に関する洞察と投資環境の微妙な理解で豊かになり、私たちのスタートア

Do Your Order
20 2月 2024

始める準備はできましたか?